学校法人神愛学園 わかば幼稚園

お問い合わせ・資料請求はこちら
  • お知らせ
  • 個人情報保護方針
  • Q&A

Q&A

生活と遊びが大切と言われますが、他にどんな事をされるのですか?

A.幼稚園教育要領に「生活と遊びを通して総合的に保育する」と明記されています。子どもは遊びを通して成長していきます。人的環境、物的環境を通して行う保育と教育を実践するためには、子ども達の自ら学ぼうとする主体的な遊びを保障する事が必要です。

手や指を使う遊び(机上遊び)

①構成遊び・・・自分の思いを創造的に表現しようとする
ラキュー・プリズム・ゴムパターン・ジーナブロック・ひも通しホワイトボード・小さな大工さん他
②パズル・・・目で見て、手先を使い完成させます。一人や時には友達と協力して完成させます。
③ゲーム・・・ルールの大切さがわろうとすると同時に、相手の気持ちに思いが及ぶようになり、少しずつ自分の気持ちが抑えられるようになります。また、思考力も深まってきます。
④感覚遊び・・・曼荼羅塗り絵
⑤数や図形・・・注意力や観察力、言葉を育みます。

積み木遊び(構築していく力、協調性)

集中して遊ぶ体験が、子どもの主体性を育みます。また、友達と協力して、高く積もうとする等役割を分担して遊ぶようになり、イメージを広げ、自分たちで工夫して、布や枝、カラーの積み木も加え、創造的に表現しようとするようになります。

ごっこ遊び(社会性、想像力、人間関係、コミニュケーション力)

様々な道具を手にして、イメージを広げながらごっこ遊びを楽しみます。身の回りの大人の行動や会話をごっこ遊びを通して模倣、再現する事で、身近な人や物への理解を深めていきます。また、創造の世界を広げ、友達とイメージを膨らませながら遊びを発展させていきます。

造形・季節の製作(想像力、創造力、感覚)

この時期は、色々な造形の楽しさを味わうことが大切です。
にじみ絵・ローラー絵・編み物・リリアン編み・毛糸のモビール・自然物を使った製作

戸外遊び(人間関係、想像力、創造力、運動能力、科学的な力、感覚、等)

①自然物との関わり
園内外の身近な自然に触れて遊ぶ機会を通して、その大きさ、美しさ、不思議さに心を動かされます。自然に触れて遊ぶ中で幼児はそれらを利用して遊びを楽しむようになります。例えば、クモの巣に光る露に心を動かされたり、幼稚園の花や木の実をポケットにしまい込んだりなど、日常の何気ない場面で心を動かしています。自然と出会い、感動するような体験は、自然に対する畏敬の念、親しみ、愛情を育てるばかりでなく、科学的な見方や考え方の芽生えを培う上で基礎となるものです。また、自然物との関わりの中で、数、量、図形に興味や関心を持ち遊ぼうとします。
色水遊び・虫探し・木の実を使ってごっこ遊び・野菜の栽培・砂場遊び・泥だんご作り・野菜や果物の収穫等

②道具や遊具を使って
道具や遊具の正しい使い方を遊びを通して学びます。様々な遊びの中で幼児が能力に応じて全身を使って活動する事により、体を動かす楽しさを味わい、安全についての構えを身につけ、自分の体を大切にしようとします。
滑り台・鉄棒・雲艇・ブランコ・縄跳び・鬼ごっこ・こま遊び・プール・縄跳び・ドッジボール等

③その他 鬼ごっこ・わらべうた他

ルールのある遊び(社会性、道徳性、人間関係、コミニュケーション力、根気

子どもたちは、日常生活や遊びを通じて、決まりを守る大切さを理解し、ルールを守る事で自分たちの生活がより充実し、遊びも楽しくなる事を体験から学んでいきます。
ゲーム・トランプ・カルタ・遊具を使っての遊び

給食について教えて下さい

A. 月曜日→給食弁当
火曜日・木曜日→お弁当
水曜日→午前保育 (1バス・3バス利用者のみおにぎり持参)
金曜日→おにぎり (果物・チーズ持参可)

*給食弁当はアレルギー対応もしています。要相談
*特別な理由でお弁当が準備できない場合はご相談ください

絵本の読み聞かせを大切にされているのはどういう意味があるのですか?

A.絵本は言葉のもつ楽しさ、絵の素晴らしさ、生きる事の夢を与えてくれます。テレビやゲームDVD等刺激の強い音楽や機械音は、脳が刺激を受け子どもは不快感を持ち興奮状態になります。絵本の世界のファンタジーの楽しさを知ることで遊びの世界を広げていくことが出来ます。そのためお家の方には、園生活の中に出来るだけキャラクターものを入れないようお願いしています。

また、絵本の読み聞かせを通して保護者とのつながりを深めていく事になります。いつもは忙しいお母さんも、自分だけの為に、絵本を読んでくれる時は心地よい優しい声です。親子のつながりと、自分が愛されている事の自信を持つ事は、子どもの心の育ちで最も重要なことなのです。

文字や数字は教えないのですか?

A.文字や数字を直接教えることはしません。
しかし、文字を読めるようになりたい、字をかけるようになりたいと思うと、いつの間にか覚えます。遊びの中で興味や関心を持つようにしています。こどもの育ちの中で幼児期に大切な事は、文字や数字を覚える事でなく、小学校に行って学習に意欲と興味や関心を持って取り組む事が出来るように、知的好奇心を育てることです。豊かな体験を通して育つ成功体験と想像力や知的好奇心がなければ学習意欲は育たないのです。

お母さんが園に来る機会は多いのでしょうか

A.他の幼稚園とあまり変わらないと思います。
年間を通して各行事のお手伝い等、様々なところで活動して頂きます。幼稚園は子どもを預ける所ではなく、子どもと一緒に母親も育つ所です。活動を通してお家の方も園生活を楽しんで頂きたいと思います。また、園と家庭が同じ子育て観を持ち、子どもの育ちを助ける役割を担うことが大切です。活動を通して親同士の交流が深ま

バスのコースや停まる場所を教えてください。

A.毎年バス乗車の希望調査をさせていただき、希望者の住所、現在のバスルート、バスを止めやすい場所等調整しながら、コース、時間、バス停を決めていきます。
*園バスは、園児が安全にバスに乗り降りができ、近隣の方々にも迷惑を掛けないように配慮して、決めていますのであらかじめご了承ください。
バスに乗車できる人数が限られていますので、場合によってはお断りする事もあります。

pagetop